Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/345-8e5ca977

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

移動平均線を利用したExcel(エクセル)トレードシステム システム評価値の表示編その8

FXシステムトレード初心者のみなさん、こんにちは、にしやんです。

前回は、Excel(エクセル)トレードシステムの平均損益率の表示まで終えました。

今回は、その平均損益率の書式フォーマットを設定します。

それから、為替市場の週後半の動向、特に米ドル/円でトレードしようと考えているあなたは、

3位の『ダメおやじ』さんの無料解説は必読ですよ。⇒FXランキング



8.移動平均線システムのシステム評価値算出ロジックを
 作成します。(その8)



前回は、アップ図のように平均損益率を表示したところで終わりました。

今回は、表示フォーマットを整えますね。

E4セルを選択済みの状態にした後に、

マウスを右クリックしてコンテキストメニュー(右クリックメニュー)を表示しましょう。

コンテキストメニューが表示されたら、その中の、

「セルの書式設定(F)」を選択して下さい。




すると、アップ図のように、「セルの書式設定」画面が表示されます。

「表示形式」タブを選択してから、

  「分類(C):」には「数値」

  「小数点以下の桁数(D):」には「2」

  「負の数の表示形式(N):」には「-1234.10」
  (※赤字表示のもの)


をそれぞれ選択しましょう。

選択後に「OK」ボタンをクリックして画面を閉じて下さい。すると・・・




アップ図のように、E4セルの表示が小数点以下2桁の表示になっていると成功です。



遂に、Excel(エクセル)トレードシステムが完成しました!笑い。

が、これで終わりではありません。

このExcel(エクセル)トレードシステムの使い方も、引き続き無料で解説していきます!



ダウン当ブログに「無料以上の価値がある」と思ったら、是非クリックお願いします!!
  
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/345-8e5ca977

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カテゴリ

人気ブログランキング

FXお役立ちリンク集

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。