Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/288-65b4c6ef

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

移動平均線を利用したExcel(エクセル)トレードシステム 必要なパラメータ解説編 その3

FXシステムトレード初心者のみなさん、こんにちは、にしやんです。

先週に引き続き、移動平均線を使った

Excel(エクセル)トレードシステム作成のポイントを説明します。

今日でポイントの説明は最後ですね。笑い。



5.システムのパフォーマンスを見る指標を決めて表示する。

もしかすると、これがシステムを作る上で

一番重要なポイントなのかもしれません。




考えてみてください。

仮に、この講座を通してシステムが出来上がったとします。

これまでのポイントを踏まえ、このシステムは様々なパラメータを自由に変更できますが、

では、パラメータを変更した結果が良かったのか悪かったのか、

一体何を見て判断すればよいのでしょう?


単純に、稼ぐことが出来た金額でしょうか?

それとも勝率なんでしょうか?



実は、このパフォーマンスを見る指標が、

これまで紹介してきたポイントの中で一番重要です。


システムの良し悪しを判断する指標ですから、

これを誤ってしまうと、本当は非常に優秀なパフォーマンスを叩き出すシステムなのに、

「使えないシステム」と判断されてしまうかもしれないのですから。無言、汗



「じゃあ、一体システムの良し悪しを判断する指標は

何にしたらいいの?」


と思われるでしょうが、ここではあえて紹介しません。
(簡単には教えられないくらい、とても重要なことなんです)

これから「FX初心者の必勝法」の中で説明していきますので、

そちらの更新をお楽しみに。笑い。



ポイントの解説は、これで全て終わりましたので、

次回からはいよいよExcel(エクセル)でシステムを作っていきますよ。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様のお力を!!
ココダウンのクリックお願いします!
  
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/288-65b4c6ef

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カテゴリ

人気ブログランキング

FXお役立ちリンク集

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。