Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/285-80bdd3ab

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

移動平均線を利用したExcel(エクセル)トレードシステム 必要なパラメータ編

FXシステムトレード初心者のみなさん、こんいちは、にしやんです。

随分時間が開いてしまいましたが、Excel(エクセル)で作るFXトレードシステム講座を再開します。汗;

初めてのあなたも、これまでついてきて下さったあなたも、

もう一度これまでの記事を読み返しておいて下さいね。
笑い。



前回までの作業で、システムに必要となる4本値データと各値の差は揃っています。

これから具体的なシステムを作っていくことになりますが、

やみくもに作っても、

 「あれ?よく考えたら○○が必要だ。。。」

 「△△がないと、このシステムのパフォーマンスが
 分からないよ。。。」


 「□□を柔軟に変更したいのに、このロジックじゃ無理だ。。。」

なんてことになって、1から作り直しになってしまいます。がっくり



ですので、システムを作る際は、事前の設計が大事なんです。

今回は「システム」といっても、たいそうなシステムではありませんので、

ポイントだけを整理してから実際のシステム作成に進んでいくことにしますね。笑い。



まずポイントをざっと挙げましょう。

1.移動平均線の日数をパラメータ化する。

2.移動平均線に対して「順張り」か「逆張り」か、パラメータ化する。

3.バックテストも兼ねるため、
  10年程度の運用結果が分かるようにする。

4.損切りの値をパラメータ化する。

5.システムのパフォーマンスを見る指標を決めて表示する。




ざっとこんなもんでしょうか。

どうです、それぞれの意味は分かりますか?

詳細については、明日また解説しますね。

とりあえず、移動平均線については以下の記事で復習しておいて下さい。笑い。



テクニカル分析はシステムトレードに不可欠

テクニカル分析「移動平均線」の意味を理解しましょう

テクニカル分析「移動平均線」の使い方

テクニカル分析「移動平均線」に見る投資家心理



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンのクリックお願いします!
  
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/285-80bdd3ab

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カテゴリ

人気ブログランキング

FXお役立ちリンク集

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。