Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/25-f74fbaec

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

FXのロスカット(強制自動決済)は安全装置?

さて、ここまででFXにはレバレッジやスワップポイントなどの、

使い方によっては非常に有効な仕組みがあるということを理解していただけたと思います。



しかし、FXの取引市場である外国為替市場には、

株式市場のような値幅制限(ストップ高・ストップ安)がありません。

そのため、投資家は下手をすると、

資金を一気に失ってしまうどころか、多額の負債を抱え込む可能性もあります。



そこで、多くのFX業者は顧客の資産を守るため、

ロスカット(強制自動決済)という仕組みが取り入れられています。

為替レートが24時間動き続ける中、FX業者は顧客の資金を時価評価しています。

当然ですが、顧客の資金は、顧客が保有しているポジション(たとえば、ドル買い持ち、ドル売り持ち

の買った時の価格や売った時の価格)に応じた金額を満たす必要があります。

しかし、為替レートが不利な方向に進んだ場合、資金の時価は減ります。

そこで、資金の時価が取引に必要な証拠金額のある割合を下回った時点で、

それまで保有していたポジション全てを自動的に決済し、

資金の元本以上の損失が発生しないようにします。

これが、「ロスカット(強制自動決済)」です。
(「取引に必要な証拠金額のある割合」はFX業者により異なります。)



私たち投資家の資金を守るためとはいうものの、

ロスカット(強制自動決済)された後に再度取引を行うのは非常に難しいです。
(資金が大きく減った状態ですので、資金を追加しないと安全な取引ができません。)

ですから、極力この「ロスカット(強制自動決済)」に引っかからないよう、

リスク管理を徹底しなければなりません。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/25-f74fbaec

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カテゴリ

人気ブログランキング

FXお役立ちリンク集

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。