Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/211-106d2bad

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

09年世界経済の成長率は1‐1.5%の見通し、V字回復はない

Yahoo!ファイナンス株式ニュースより引用  2008年 12月 10日 19:42

 [東京 10日 ロイター] モルガン・スタンレー(MS.N)のアジア会長であるスティーブン・ローチ氏は10日、世界経済の見通しとして2009年の成長率は1─1.5%に落ち込み、2010年も3%程度までの弱い回復にとどまるとの見通しを示した。

 モルガン・スタンレー・アセット・マネジメント投信が主催したセミナーで同氏は、世界経済について、07年年央までの5年近くは年率平均5%の高成長を維持したが、足元は急激に減速しており「高速道路を最高速度で走っていたところ、いきなり急ブレーキがかかり、シートベルトをしていないで放り出されるような状況」と指摘した。

 世界的な金融危機の震源地となった米国を含む世界各国の政府が金融緩和や財政出動による景気刺激策を打ち出しているものの、ローチ氏は「世界はバブル後の時代に突入しており、各国がどんなに資金を注入して流動性の向上に努めても状況の悪化を抑えるのみで、経済をV字回復させることはない」と語った。

 同氏は、昨年から深刻化した米サブプライムローン問題について当初「影響は限定的」と見る向きもあったが、資産バブルの崩壊を受けてコモディティーバブルも新興国株バブルも既にはじけており、ドバイの不動産市場など現時点で世界に残っている「バブル」もすべて終息に向かうとの見通しを示した。

 米国経済については、過去14年間続いた消費ブームが終わり、数年間は調整局面が続くとの見方を示した。米国では07年に消費が実質GDP比72%と過去最高水準を記録したが、ローチ氏は「この数値は、米消費バブル入り前の25年間の平均値である67%まで落ちる」と予想する。同氏は「米国と日本の経済は違うが、類似点も多い」とみており、日本が90年代のバブル崩壊後に経験したように米国も「数年にわたり調整局面が続く」と述べた。



FX初心者のみなさん、こんばんは、にしやんです。

喩えが衝撃的ですね。

「高速道路を最高速度で走っていたところ、

いきなり急ブレーキがかかり、

シートベルトをしていないで放り出されるような状況」




これって、「即死」じゃないですか!?がっくり



非常に分かりやすい喩えですね。

これを読めば、さすがに誰でも今後の世界経済について危機感を感じることでしょう。

また、V字回復はないとの見方ですので、

もしその通りなら、私たちは再度あのバブル崩壊後の

大変な思いをしなければならないということですね。
汗とか

来年からは、更なる厳しい覚悟を持って仕事しないといけませんね。

もちろん、来年もFXとExcel(エクセル)のトレードツールで、少しでも多くFX市場から稼ぎますよ!!笑い。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
スポンサーサイト
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/211-106d2bad

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カテゴリ

人気ブログランキング

FXお役立ちリンク集

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。