Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/20-a1112d8a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

FXの取引にかかるコスト

FXは外貨預金や外貨MMFと比べてコストが安いと書きました。

ここでは更に、具体的に説明します。



為替手数料は、「FXと外貨建て金融商品の違い」で説明したように、片道数百円~千円程度です。
(現在は、為替手数料無料のFX業者も多数あります。)



他にも、「スプレッド」と呼ばれるものがあります。

これは、実際にFXで取引する際の為替レート表示を見れば分かりますが、

「1ドル=105.00-105.04」というように、価格が2つ表示されています。

これは、あなたが買う値段は105.04円で、売る値段が105.00円という意味です。

FX業者が買いたい人に高く売りつけたり、売りたい人から安く買ったりできないように、

買いと売りの値段を同時に表示することで、取引の公正性を確保しています。



ここで、価格に注目して欲しいのですが、差が4銭ありますよね。

この買いと売りの価格の差を「スプレッド」といいます。

これは、買ってすぐ売っても、この4銭分損をすることになりますので、

実質、取引するあなたが負担することになるコストと考えたほうがいいですね。

それでも、FXの為替手数料とスプレッドを合わせても、

外貨預金の為替手数料に比べればはるかに安いので、

「FXは低コスト」という認識に変わりはありません。



※取引によってはスワップを支払わなければならないこともありますので、

 スワップもコストとなる場合があります。

 スワップについては、後ほど改めて説明します。

 「FXのスワップポイントは金利差」を参照下さい。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/20-a1112d8a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カテゴリ

人気ブログランキング

FXお役立ちリンク集

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。