Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/14-516e5da7

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

外国為替市場の参加者は誰?

外国為替市場とは?」でも少し触れましたが、外国為替市場には実にたくさんの参加者がいます。


外国為替市場の参加者

インターバンク市場では、もちろん銀行です。

対顧客市場では、あなたや私のような個人投資家、輸出入を行う企業、

機関投資家、ヘッジファンドがいます。



銀行の顧客の中で、輸出入を行う企業は、商業取引に基づく通貨の売買を行いますので、

「実需筋」ともいわれます。

私たちも円を海外旅行で使用する外貨に両替することも、この実需に含まれます。



一方、機関投資家やヘッジファンドなどは

投機によって売買差益を得るために通貨の売買を行いますので、

「投機筋」ともいいます。



これらの参加者のうち、実需筋の取引は経済的必要性に応じて行われます。

しかし、外国為替市場において、実需筋の取引が占める割合は、

取引全体の1割にも満たないのです。

逆を言えば、投機筋の取引が9割強を占めているため、

為替レートの変動を分かりにくいものにしてしまっているのです。

これが、FXの取引で利益を上げることを難しくしている要因の1つになります。
スポンサーサイト
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://fxbonus.blog94.fc2.com/tb.php/14-516e5da7

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

カテゴリ

人気ブログランキング

FXお役立ちリンク集

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。