Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

12/31(水)の経済指標発表スケジュール

FXシステムトレード初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

今年もいよいよ今日で最後ですね。

早速、各国の経済指標の発表スケジュールを紹介しますね。笑い。



日付時刻内容
前回(修正値)
予想
12/31
(水)
大晦日(東京市場休場)
18:00
(香港) 11月月次政府財政収支
+113億HKD
--
21:00
(南ア) 11月貿易収支
-98億ZAR
-58億ZAR
22:30
(米) 12/28までの週の新規失業保険申請件数
58.6万件
57.5万件


特に注目すべき経済指標はありませんが、

スワップ狙いで「南アランド」をトレードしている方は、

11月貿易収支に注意ですね。




本年は、この記事で最後の投稿となります。

訪問して下さったたくさんの方、本当にありがとうございました。

来年も、FX初心者のみなさんにとって

有益な情報を発信していきますので、

当ブログをどうぞよろしくお願いいたします。
笑い。

それでは、良いお年を!!


ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  

途転(どてん)はタイミングが命

FXシステムトレード初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

FXでトレードしていると、相場のトレンドとは逆のポジションを持ってしまって、

「うわぁー、失敗した!」と思うことはありませんか?
(私もシステムトレードですが、思うことがあります汗とか

そんな時、「途転」するかどうか悩みます。

ということで、今回は「途転」について説明しますね。笑い。



「途転」(どてん)とは、

保有しているポジションを一気に転換することです。


買いポジションを保有していた場合は売りポジションに、

売りポジションを保有していた場合は買いポジションにすることになりますね。



一見すると「すごく便利そう」だと思いますが、

実はこの「途転」、かなり難しいんです。汗;

というのも、今保有しているポジションとは逆方向に相場が動いているとしても、

「じゃあ、一体どこまで逆方向に動くの?」ってことです。

あと数pips動いたら、反転して

保有ポジションのトレンドに変わる可能性だってあるわけです。

仮に途転していたとしたら、さらにマイナスですよ。。。
えぇ



ですから、「途転」はタイミングが命です。

半端な「途転」は、あなたの資金を減らすだけです。

にしやんのExcel(エクセル)トレードシステムにも、一時期「途転」を組み込もうとしたんですが、

やはりタイミングの掴み方が難しく、実現に至っていません。汗;

いつかは組み込みたいですね。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

基軸通貨は米ドルだけなのか?

FXシステムトレード初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

昨日の「FF金利」の解説の中で、

「米ドルは世界の基軸通貨」と書きましたが、「基軸通貨」って分かりますか?

これまた説明していなかったので、今回は「基軸通貨」について説明しますね。笑い。




「基軸通貨」とは、各国の通貨当局が

対外準備資産として保有したり、企業や個人が

国際間取引の決済で広く使用している通貨のことです。




「基軸通貨」としての機能を果たすには次の条件を満たさなければなりません。

 ・通貨価値が安定している
 ・高度に発達した為替市場と金融・資本市場を持つ
 ・対外取引規制がない

米ドルは現在、価格が安定しており、通貨の流通量が多く、

加えて世界中の多くの国で通用するため、「基軸通貨」になっています。



では、「基軸通貨」は米ドルが最初なのでしょうか?

実は、世界で最初の「基軸通貨」は英ポンドなんです。



19世紀半ば以降、英国は国際金融の中心だったため、

英ポンドは「基軸通貨」となっていました。

しかし、第一次世界大戦により欧州各国の経済が疲弊しました。

一方、米国は戦争特需で経済が急成長したため、

基軸通貨が機能面で英ポンドから米ドルへ移ってしまいました。

第二次世界大戦後はIMF体制の下、

以下の理由により、米ドルが名実共に基軸通貨となりました。

 ・米国が各国中央銀行に対して米ドルの金兌換を約束
 ・米国の経済力が拡大



米ドルの「基軸通貨」としての歴史は意外と浅いんですね。えぇ

そして、これから先、

もしかすると基軸通貨が他通貨に変わる可能性もあります。

特に、今回の金融危機は、そのきっかけになるものだと思います。




ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

12/30(火)の経済指標発表スケジュール

FXシステムトレード初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

今日は注目の経済指標の発表があります。

早速、各国の経済指標の発表スケジュールを紹介しますね。笑い。



日付時刻内容
前回(修正値)
予想
12/30
(火)
16:45
(仏)11月住宅着工許可[前年比]
-24.4%
--
18:00
(ユーロ圏)11月マネーサプライM3・季調済[前年比]
+8.7%
+8.5%
未定
(独)12月消費者物価指数・速報[前月比]
-0.5%
+0.4%
(独)12月消費者物価指数・速報[前年比]
+1.4%
+1.2%
23:45
(米)12月シカゴ購買部協会景気指数
33.8
33.0
24:00
(米)12月消費者信頼感指数
44.9
45.5


シカゴ購買部協会景気指数に注目です。

米ドルが大きく動く可能性があります。



年末年始に相場の動きを読むのが難しい理由は、

取引量が減っているために、ほんの少しの要因が

大きな値動きに繋がってしまうためです。


今日の経済指標発表時も予想外の動きをする可能性がありますので、

トレードされる方は十分注意してくださいね。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  

12/29(月)の経済指標発表スケジュール

FXシステムトレード初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

システムトレードにおいて、経済指標の発表を意識することはないんですが、

FX市場の変動要因であることは事実です。

参考という扱いで、各国の経済指標の発表スケジュールを紹介しますね。笑い。



日付時刻内容
前回(修正値)
予想
12/29
(月)
16:45
(仏) 第3四半期GDP・確報値 [前年比]
+0.6%
+0.6%
17:30
(香港) 11月貿易収支
-143億HKD
--
19:30
(スイス) 12月KOF先行指数
-0.05
-0.26


トレードしている通貨ペアにユーロが含まれている場合は、

仏のGDPに注目でしょうか。


スイスのKOF先行指数は、あまり影響ないと思われます。



年末年始は、相場の動きを読むのが難しいです。

私のExcel(エクセル)トレードシステムも、なかなか勝てない場合が多いですので、

トレードされる方は十分相場の動きに注意してくださいね。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  

今週のポジション(2008/12/29)

FXシステムトレード初心者のみなさん、こんにちは、にしやんです。

先週の相場は、連日下がり続けておちこみ

そのまま持ち直すこともなく終わりました。


米国や欧州は「クリスマス休暇」があったため、

水曜日から木曜日にかけては、値動きが非常に鈍かったんですが、

正直、ここまで下がるとは思いませんでした。汗;



では、気になる今週のポジションですが、以下となっています。

通貨ペア: GBP/CHF

売買: 売り

枚数: 1枚

損切り: -500pips




引き続き、「売り」だそうです。

今週は、にしやんは私事都合によりポジションを持てませんが、

FX市場は動いていますので、トレードされる方は頑張ってくださいね!



年末年始は、比較的自由な時間がありますので、

来年に向けて、Excel(エクセル)トレードシステムの改造をするつもりです。

おかげさまで、今年はプラスの成績で

終わることが出来ました。
笑い。

来年もExcel(エクセル)トレードシステムを駆使して更に稼いでいきますので、

応援の程、よろしくお願いします!!



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  

FF金利とは、米国の短期金利

FXシステムトレード初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

昨日の「FOMC」の説明は分かりやすかったでしょうか?

身近にないものを分かりやすく説明するのって難しいですね。汗;

今日は、昨日の「FOMC」の説明の中に出てきた、「FF金利」について説明しますね。笑い。



「FF金利」(エフエフ金利)とは、「Federal Fund Rate」の略称で、

米国の政策金利として位置づけられている

銀行間市場金利のことです。


日本の場合ですと、無担保コール翌日物に相当します。



かえって分かりにくいですよね。。。汗;

細かくいうと、「無担保コール翌日物」というのは、

銀行などの金融機関同士が担保を設定せずに、

当日に資金を借りて翌日に返済する
、というものです。



FRB(米連邦準備制度)に加盟する米国の民間銀行が、

連邦準備銀行に預けている無利息の準備預金のことを「フェデラル・ファンド」といいます。

「FF金利」とは、この「フェデラル・ファンド」に余裕のある銀行が、

翌日返済・無担保を条件に資金を他の金融機関に貸し付けて

運用する際に適用される金利のことです。

(だから「銀行間市場金利」なんですね笑い。



無担保で即日利用が可能な資金は、

流動性が非常に高い資金
といえますので、

通貨流通量のコントロールに「FF金利」の操作が行われるわけです。

世界の基軸通貨の米ドルの金利ですから、

「FF金利」のFX市場に与える影響は、計り知れないものがあります。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

FOMC(米連邦公開市場委員会)とは、米国の政策金利を決める機関

FXシステムトレード初心者のみなさん、こんにちは、にしやんです。

先日、FRBについて説明しましたが、

よく考えたら、もっと大事な「FOMC」について

全く触れていませんでした。
汗;

ということで、今回は「FOMC」について説明しますね。



「FOMC(米連邦公開市場委員会)」とは、

FRB(米連邦準備制度理事会)の下に置かれている

金融政策に関する最高意思決定機関のことです。


日本の場合ですと、

日銀の金融政策決定会合に相当する機関だと思ってください。



「FOMC」の目標は、

米国の「物価安定」と「持続的な経済成長」です。


その目標達成のために年8回開催され、

地区連銀景況報告(ベージュブック)をもとに金融政策を決定します。

そして、米国の政策金利であるFF金利(フェデラル・ファンドレート)

の誘導目標などを発表します。




FXで既にトレードをしている方はご存知だと思いますが、

「FOMC」の政策金利発表後のFX相場の動きは半端なものではありません。汗;

スキャルピングで差益を抜くことも十分可能な動きを見せます。

残念ながら、私はそんな技術を持たないので、

「FOMC」政策金利発表時は、「静観」を決め込んでいます。。。がっくり

これは来年の課題でしょうか?(笑)



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

今週の結果(2008/12/26)

FXシステムトレード初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

木曜日の朝から今日の夕方まで、

「クリスマス休日」という良く分からない理由で

FX会社のシステムが止まっていた
ため、

相場の動きが全く分かりませんでした。

恐る恐る確認したら、良かったです、勝ってました。笑い。



では、今週の結果はこちら絵文字名を入力してくださいです。


損益 ¥51,705

公開後のトータル損益 ¥150,892



月曜日から水曜日にかけてしっかりと下がってくれました。笑い。

最後の最後で勝ってくれましたので、

気持ちよく2008年を締めることができました!!
Brilliant

先週も書きましたが、来週は事情によりにしやんはポジションを持てません。

でも、Excel(エクセル)のFXトレードシステムの売買サインはお知らせしますね。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  

指値と逆指値は表裏一体

FX初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

前回のIFD注文の説明で、「指値」と「逆指値」という言葉を使いましたが、

みなさん分かりましたか?

今回は、この「指値」と「逆指値」について説明しますね。笑い。




「指値」とは、現在の価格を基準にし、その価格よりも

  ・安い価格で買いたい

  ・高い価格で売りたい

場合に使う注文方法です。

また「逆指値」とは、現在の価格を基準にし、その価格よりも

  ・高い価格で買いたい

  ・低い価格で売りたい

場合に使う注文方法です。




こう書くと、「逆指値なんて使うわけないじゃん」

FX初心者の方は思われるかもしれません。

が、もしそう考えるようであれば、是非考え直して下さい。

「逆指値を使わない=損切りをしない」ということなんですよ!!

損切りをしないことがどんなに危険なことか、説明するのは難しいのですが、

一度大きな損失を出すと、損切りの大事さが身に染みて分かります。。。汗;

ちなみに、にしやんのExcel(エクセル)で作るFXトレードシステムでも、

損切りは「逆指値」を使って必ず設定するようにしています。

今まで「逆指値」を使ったことがない人は、是非使ってみてください。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 1
  • トラックバック : 0

金融庁、新銀行東京に業務改善命令へ

Yahoo!ファイナンス株式ニュースより引用  2008年 12月 25日 20:34

 [東京 25日 ロイター] 金融庁は、新銀行東京に業務改善命令を発動する方針を固めた。ずさんな融資審査を許した内部管理体制の不備を認めた。関係筋が明らかにした。

 金融庁は今年4月から新銀行東京に対する初めての検査に着手。5月からの立ち入り検査を経て、10月に検査結果を通知した。その後、金融庁は検査の結果をもとに同行に銀行法に基づく報告を求め、行政処分を検討していた。

 新銀行東京は、不正融資で元行員が逮捕・起訴される詐欺事件が発覚している。4月には都を引き受け先とする400億円の第三者割当増資で資本を増強したが、融資先の実態調査を通じた不良債権の積み増しで、損失拡大の可能性も指摘されている。



FXシステムトレード初心者のみなさん、こんばんは。

一時期からかなり問題視されていた新銀行東京ですが、

業務改善命令が出されてしまったようですね。。。

銀行が倒産すると、かなり経済にダメージがあります。出費

私たち国民の心理もかなり冷え込んでしまいますし、何もいいことないんですよね。



だからといって、新東京銀行を救済する気にはなれません。

こうなるべくしてなったという感じがします。

銀行業務はボランティアではありません。

肝心の融資の審査がずさんで負債を抱えたなんて、とても笑えません。汗とか



これだから、銀行の金融商品を買う気になれないんですよね。。。

個人投資家は、やっぱりFXが一番向いているように思います。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  

IFD機能を使ってシステムトレードを簡単に

FX初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

FXのシステムトレードをやっていると、

「この日はどうしてもトレードできない。。。」

「朝起きるのがめんどくさい。。。」


なんてことが良くあります。

そんな思いをしたことがある方って、

もしかしたらFX初心者のみなさんの中にもいらっしゃるかもしれませんね。

そんなあなたにオススメしたいのが、今回説明する「IFD」機能の利用です。笑い。



「IFD」とは、「イフダン(If done)」のことで、

  ・新規の指値注文

  ・上記注文が成立した際に初めて有効になる指値の決済注文

をセットで注文する機能です。

(必ず「新規注文」と「決済注文」のセットになります)




ですから、例えば来週のポジションが「買い」だった場合は、

  ・金曜日の終値付近で「買い」の指値(あるいは逆指値)の新規注文

  ・損切りラインで「売り」の逆指値の決済注文

を一度に注文することになります。

これは、事前に損切り指定したポジションを持つことを意味します。笑い。



また、私は使いませんが、

  ・金曜日の終値付近で「買い」の指値(あるいは逆指値)の新規注文

  ・利益確定ラインで「売り」の指値の決済注文

を一度に注文することもできます。

この場合は、利益確定を指定したポジションを持つことですね。笑い。

が、FXのシステムトレードでは、

「損切り」がパフォーマンスに大きな影響を与えます。

(「損切り」なしだと、パフォーマンスが低下する場合が多いんです。。。汗とか

ですので、決済注文は「損切り」に使った方が良いと思います。



どうしても月曜日の朝にトレードできない場合などに、

前週の金曜日の時点で、

その日の終値をある程度予測できれば可能
です。

もちろん、終値の予測が外れることもありますので、

不利なポジションを持つことになったり、

ポジションすら持てなかったりする場合もあります。
汗;



結論としては、可能な限り自分の目で相場を見てポジションを持つことをオススメします。

「IFD」注文は、あくまで緊急時だけにした方が無難ですね。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 3
  • トラックバック : 0

ファンダメンタル分析は、中長期の予測に効果的

FX初心者のみなさん、おはようございます。

以前に、「システムトレードでは、テクニカル分析を使います」と解説しましたが、

他の分析方法ってないの?と思われた方も多いと思います。

実は、「ファンダメンタル分析」というものがあるんです。笑い。

今回は、「ファンダメンタル分析」について説明しますね。



「ファンダメンタル分析」とは、

各国の経済的要因を分析することにより、

今後のFX相場のトレンドを掴もうとする分析方法です。


ここでいう経済的要因とは、金利や経済成長率、政治情勢、インフレ率、貿易収支などです。

また、経済的要因以外でも、原油価格やテロ騒動、地域紛争も要因になります。



「ファンダメンタル」という言葉は、

「ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)」のことですので、

「ファンダメンタル分析」は、その国の現在の経済状態を表す経済指標の分析を行うことなんです。

この根本には、「経済的な要因は

外国為替(FX)相場に大きな影響を与えている」という考え


があります。

また、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は

FX市場の中長期的な変動要因として考えられています。




最後に、ファンダメンタル分析にてよく利用される経済指標を紹介しておきますね。

  ・経済成長率: GDPなど

  ・物価: 消費者物価指数など

  ・金利: FOMCなど各国の政策金利

  ・国際収支: 経常収支・貿易収支など

  ・その他経済指標: 失業率など

  ・財政収支



こういった数値を読めるようになるには、それなりの経済に対する知識が必要になります。

ですので、FX初心者は敬遠しがちですね。。。汗;

ですが、読めればこれほど強い武器はありません。

FX初心者だからこそ、是非勉強して身に付けてもらいたいのが、

この「ファンダメンタル分析」だと私は思います。笑い。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 2
  • トラックバック : 0

第3四半期の英GDP伸び率は前期比‐0.6%に下方修正

Yahoo!ファイナンス株式ニュースより引用  2008年 12月 23日 20:23

 [ロンドン 23日 ロイター] 第3・四半期の英経済が1992年第2・四半期以来の
マイナス成長となったことが確定した。英国が深刻なリセッション(景気後退)に向か
っているとの懸念が強まった。

 英国立統計局が23日発表した第3・四半期の実質国内総生産(GDP)成長率確報値
は、季節調整済みで前期比マイナス0.6%と前回発表の同マイナス0.5%から0.1%
ポイント下方修正された。マイナス幅は1990年第4・四半期以来、最大で、アナリストの
予想(マイナス0.5%)も下回った。

 前年比はプラス0.3%と前回発表と変わらず。1991年第2・四半期以来の低い伸
びとなった。

 バンク・オブ・アメリカのエコノミスト、マシュー・シャラット氏は「英経済がリセッションに
陥ったスピードについてひどく暗い状況を示している。第4・四半期、2009年第1・
四半期は第3・四半期以上に悪くなるだろう」と述べた。

 GDPの発表を受けて、英中銀が追加利下げするとの観測が高まり、ポンドは下落した。

 市場ではすでに、英中銀がいずれ量的緩和といった非伝統的措置をとらざるを得なくな
るとの憶測もでている。

 第3・四半期GDPの下方修正について、統計局は、製造業部門やサービス部門の減少
率が拡大したことが理由としている。

 製造業部門は前期比マイナス1.6%と2001年以来、最大の減少率。ホテルなどを
含むサービス部門は前期比マイナス2.1%と1980年以来、最大の減少率となった。



FXシステムトレード初心者のみなさん、こんばんは、にしやんです。

私は英ポンドでトレードしているため、このニュースを取り上げています。

が、英国の経済が低迷しているという事実は、

世界経済においても無視できない事象です。
えぇ



FXに絞って言わせて貰いますと、

英ポンド自体の通貨流通量はそんなに多くありません。

しかし、英国はユーロ圏を引っ張る国ですので、

その国の経済が不安定では

ユーロ圏の経済に悪影響を与えかねません。




「英国の経済の見通しは暗い」という予測ですので、

FX市場においては、英ポンドは売られることになるでしょう。

今週のにしやんのポジションは「売り」でしたので、

結果好都合です。
Brilliant

でも、世界経済の今後の動向を考えると、手放しでは喜べませんね。。。汗;



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

こんなところに篤姫が

FXシステムトレード初心者のみなさん、こんにちは、にしやんです。

昨日に引き続き、また東京の地下鉄の駅で撮った写真を紹介します。笑い。

今回は、今年の大河ドラマの主人公、「篤姫」です。




こんなポスターもあるんですね。

地元の地下鉄にもこのドアの仕組みはありますが、ポスターなんて見たことないですよ。

「みなさんの安全のために頑張ってますよ!!」

みたいなアピール、

もっとやってもいいと思うんですけどね。




もしかしたら、単純に広告費がないだけかも知れませんが。。。汗;

そういえば、地下鉄なんて滅多に乗らないや。汗とか



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

ショートとロングは「売り」と「買い」

FX初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

FXの投資家ブログを読んでいると、ポジション取りの際によく出てくる言葉に

「ショート」や「ロング」というものがあります。

私も最初は何のことだかさっぱりでしたが、FX初心者の方だとなおさらですね。

ですので、今回は「ショート」と「ロング」について説明します。笑い。



「ショート」とは、未決済状態の「売り」ポジションや、

「売り」ポジションを保有している状態のことです。

「ロング」とは、未決済状態の「買い」ポジションや、

「買い」ポジションを保有している状態のことです。


「ふーん」といった感じですね。。。汗;
(普通に「売り」とか「買い」って表現すればいいのに、なんてことは言わないように。)



それぞれの由来なんですが、幾つか説があるようです。

「ロング」については、持ったポジションからの値上がり上を待って、

「買い」ポジションを長期間保有することになるから「ロング」

という説が有力のようです。

一方「ショート」は、相場が下がる時は一気に下がるため、

「売り」ポジションは短期決戦で決済することになるので「ショート」

という説もあれば、

「deflict(不足 = ショーテージ)」が語源だ

という説もあり、よく分かりません。。。がっくり



いずれにせよ、

Excel(エクセル)で仕組みを作る際にはそんなに意識しなくてよい

ことですので、普段のトレード時や他のFXブログを読んだりするときに

気をつけるぐらいでいいと思います。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

家でもやってはいけない

FXシステムトレード初心者のみなさん、こんにちは、にしやんです。

実は20日から21日まで、東京に行ってました。笑い。

地下鉄に久し振りに乗ったんですが、大手町の駅にこんなポスターが。





ありえません。。。汗とか



昔、東京で働いていた時は電車通勤でしたが、

一度もこんな泥酔客は見たことがありません。

片足をあんなところに乗せるでしょうか?えぇ



タイトルの「家でやろう。」もありえません。

家でこんなことするわけないですよ。。。汗;



地元にはないポスターで、面白かったです。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 3
  • トラックバック : 0

ヘッジ・ファンドは投機色の強いファンド

FX初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

突然ですが、質問です。笑い。

FX市場や株式市場の変動に大きな影響力を持っている投資家は、いったい誰でしょう?

もちろん、にしやんではないですよ。汗;

答えは、「ヘッジ・ファンド」です。

私たちがお世話になる機会はあまりないと思いますので、

その実態を含めて説明しますね。



「ヘッジ・ファンド」とは、「私募」で投資家から大規模な資金を集めて、

絶対的収益の追求を目標に株式市場や為替市場などで運用する、

非常に投機色の強いファンドです。


「ヘッジ・ファンド」は、不況等の環境変化に左右されることなく、

常にプラスの運用成績を出すことを目標としています。
(これって、すごいことです)



「ヘッジ・ファンド」への投資最低額は、日本円で1億円以上と言われていますので、

私たちが参加することは、まず有り得ないでしょう。

また、投資金額のみならず、運用成績の優秀な一部ヘッジ・ファンドは、

ヘッジ・ファンド側が投資家を選別することもあるそうです。

ですから、いくら資金があっても「ヘッジ・ファンド」に投資できない場合もあります。汗とか



このように、「ヘッジ・ファンド」は一見華々しく見えますが、

その裏では生き残りをかけた壮絶な競争があるのも事実で、

今回の世界的な金融危機の影響により、

多くのヘッジ・ファンドが資金難に陥っています。


また、この金融危機を起こした原因の1つもヘッジファンドにあると言われています。



まるで別世界ですね。。。汗;

おなじFX市場に彼らも参加しているのかと思うと、ゾッとします。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

今週のポジション(2008/12/22)

FXシステムトレード初心者のみなさん、こんにちは、にしやんです。

先週の相場は、火曜日、水曜日と大きく下がっておちこみ

そのまま持ち直すこともなく終わりました。


FRBの政策金利の大幅な下げがFX相場の変動に大きな影響を与えた週でしたね。がっくり

このまま円高は進行するのでしょうか?



では、気になる今週のポジションですが、以下となっています。

通貨ペア: GBP/CHF

売買: 売り

枚数: 1枚

損切り: -500pips




まだ下がると予測しているのか、「売り」だそうです。

何だか今週は盛り返しそうな気がするのですが、気のせいでしょうか?汗;

まぁでも、にしやんの予測なんてアテにはなりませんので、

今回もExcel(エクセル)トレードシステムの売買サインに従ってトレードするのみです。

そうそう、今年最後のポジション持ちになりますので、

最後を綺麗に締める意味でも、いい終わり方をしたいですね。笑い。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  

スワップポイントはプラスだけではない

FX初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

FXの魅力と言えば、皆さんにはなにが思い当たるでしょうか?

先日解説した「レバレッジ」、それから「スワップポイント」あたりが聞こえてきそうですね。

そこで今回は、「スワップポイント」について説明しますね。笑い。



「スワップポイント」とは、

金利が異なる2つの通貨を売買する時に、

互いの金利差により発生する差額のことです。


ココでのポイントは、あくまで「差額」であって、「差益」ではないということです。



ともすると、

「FXではポジションを持つだけで、

毎日スワップポイントが得られます」


なんて紹介のされ方をしていますので、十分気をつけて下さい。

FXにおいてスワップポイントが得られるのは、

低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買った場合のみです。


ですから、低金利の通貨を買い、高金利の通貨を売ってしまったら、

逆に毎日スワップポイントを支払わばければならなくなります。




「貰えると思っていたのに、払わなければいけない。。。」出費

現在は幸い金利が下がっていますので、

仮に支払うことになっても大した額ではありませんが、

知らないでそんなことになったら、かなりショックだと思いますよ。汗;



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 2
  • トラックバック : 0

様々な介入 その2

FX初心者のみなさん、こんにちは、にしやんです。

昨日説明した「介入」ですが、まだ幾つか種類があります。

昨日の補足ということで、今日も引き続き説明しますね。笑い。



通常の介入は、実際に資金を市場に投入して行われます。

が、資金を使わない「介入」があるんです。それが「口先介入」です。

「口先介入」とは、相場の変動を牽制するために発せられる、

政府要人や高官のコメントや発言のことです。


市場への資金投入は行わず、言葉だけでFX相場の動きを変えようとします。
(考えようによっては、これってすごいことなんですが)

ですので、コメントや発言のタイミングによっては効果がイマイチの場合もあります。

また、発言をした人物の地位なども効果の度合いに関わってきます。

そりゃ、FX相場に何の関係性もない人が色々言ったって、

誰も気にしませんよね。汗とか



また、「介入」とは異なりますが、「公開市場操作」と呼ばれるものがあります。

「公開市場操作」とは、日本銀行が短期金融市場のような

公開市場で債券等の売買を行い、

銀行等の民間金融機関が保有している現金を増減させ、

金利や通貨供給量をコントロールしようとする政策のことです。


これは通貨の価格をどうのこうのするものではないので、

「介入」とはスタンスが違うものですが、参考までに紹介しておきますね。笑い。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 3
  • トラックバック : 0

FXはレバレッジを使って少ない資金で大きなトレード

FX初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

突然ですが、みなさんは

FXがこんなに広まった理由を考えたことがありますか?


いわゆる投資というものは、

「自由に使えるお金をたくさん持っている人が出来るものであって、

庶民の自分にはとても手が出せないものだ」


という印象を持った人が多かったはずです。

今回は、FXの投資家が爆発的に増えることになった理由の1つである

「レバレッジ」について説明しますね。笑い。



「レバレッジ」とは、小額のお金で大きな額のトレードを行うことです。

このことが物理学の「てこの原理」のように、

小さな力で大きな物体を動かすことに似ているため、このように言われています。。

また、一言に「レバレッジ」といっても、その倍率はFX会社によって様々です。

と、これだけではイメージが湧きにくいと思いますので、具体的に説明しましょう。笑い。



まず、前提ですが、米ドル/円の通過ペアのポジションを1万ドル持つとして、

現在の相場は、1ドル = 95円だったとしますね。

レバレッジが1倍の場合(例えば外貨預金)、どうなるでしょうか?


アップイメージとしてはこんな感じになりますね。

1ドル = 95円ですから、1万ドル = 95万円ですので、

1万ドルのポジションを持つには、95万円必要になります。

うーん、かなりの資金が必要ですね。。。汗とか



では、同じ条件でFXのようにレバレッジを使った場合はどうなるでしょう?


アップイメージとしてはこんな感じになりますね。

本来なら95万円必要なんですが、この場合はたった10万円です。

ですので、

  950,000 ÷ 100,000 = 9.5

から、9.5倍のレバレッジでトレードする
ということになります。

これってすごいことだと思いませんか?

通常であれば、ほんの僅かな資金で、

絶対にトレードできないような金額のトレードが出来てしまうんです。

これが、FXの投資家が爆発的に増えることになった

理由の1つである「レバレッジ」
です。笑い。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

与謝野担当相、日銀の政策変更を高く評価

Yahoo!ファイナンス株式ニュースより引用  2008年 12月 19日 20:02

 [東京 19日 ロイター] 与謝野馨経済財政担当相は19日、経済財政諮問会議後に記者会見し、日銀が19日の金融政策決定会合で0.2%の利下げを決定すると同時に、長期国債の買い取り増額やCP(コマーシャルペーパー)買い入れ策など資金供給拡充策を打ち出したことについて「日銀が日本の経済情勢と国際協調を考え大胆かつ思い切った政策に踏み込んだ」とし、「政府として高く評価する」と述べた。

 政策金利の引き下げについて与謝野担当相は「国内経済に対する日銀の見方が大変厳しくなってきたこと、一連の金融危機・経済危機に対して国際協調の証をたてるメッセージであること、また市場が期待していた為替に対する影響も考慮したこと」の結果だとし、「かなり思い切った決断だった」と評価。

 あわせて長期国債の買い入れ規模と対象国債の拡大を打ち出したことについて「日銀として国債市場に対してしっかり対応したいという態度を示した」と述べた。

 さらに、中央銀行としての資産の劣化が懸念されたCPの買い入れにも踏み込み、「個別企業のリスクを自ら負担するという、中央銀行としては異例の措置に出た」と、日銀の決断を評価した。

 そのうえで、一連の政策変更に伴う経済効果について与謝野担当相は、金融機関がリスクに対して非常に敏感になっているなかで、「日銀がCPに対して思い切った手段に出たことは、全体として、年末・来年に向けて資金繰りに大きな良い影響を与える」と述べ、期待感を表明した。



FXシステムトレード初心者のみなさん、こんばんは。

日銀が異例の決断を下しました。

利下げはもちろんのこと、CP(コマーシャルペーパー)買い入れにまで踏み込んでいます。

今回の金融危機に対して、日銀は本気で取り組む姿勢のようです。

また、国際協調も視野に入れているようですので、

今回の政策転換の効果は必ず現れることでしょう。笑い。

後は、米国のオバマ次期大統領の政策発表が気になりますね。

なんだかんだいっても、米国は世界経済の中心ですので、

この動き次第で、世界経済の景気回復までの道のりが長くなるのか、短くなるのか。。。

おそらく年内に何らかの発表があるはずですので、

注意して見守る必要がありますよ。笑い。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  

様々な介入 その1

FX初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

先日、日本政府の介入に対する意識を紹介しましたが、

ところで、みなさん「介入」って分かりますか?

「介入」といっても、幾つかの種類があるんですよ。

今回は、FX市場における様々な「介入」について説明しますね。笑い。



「単独介入」とは、ある国の中央銀行が

自国の通貨の為替水準を適正なものするために行う、

大規模な取引のことです。


中央銀行によって「単独介入」が行われると、

相場が大きく変動する場合が多く、投資家は注意する必要があります。



また、2国間あるいは複数通貨の為替水準を

適正なレベルにするために、各国の中央銀行が

同時あるいは断続的に為替市場で大規模取引を行うことを、

「協調介入」といいます。


「単独介入」と比較すると、介入の規模が大きくなりますので、

市場に及ぼす影響力は相当なものになります。



今回の日本政府が考えているのは、「単独介入」でしょうね。

ただ、為替水準がおかしなことになっているのは、

なにも円だけではありません。


そういった意味でも、「協調介入」すべきではないかと思っていますが。汗;



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

中川財務・金融相、為替介入は手段としてある

Yahoo!ファイナンス株式ニュースより引用  2008年 12月 18日 20:11

 [東京 18日 ロイター] 中川昭一財務相兼金融担当相は18日午後の記者会見で、外国為替市場で円高が進行していることに対し、市場全体を緊張感を持って見ているとし、円高進行阻止の為替介入の可能性について「手段(として)はある」と語った。

 中川財務・金融相は、進行する円高に関連し、「経済、金融、株価を含めたマーケット全般について極めて緊張感を持って見ている」とし、「特に為替の場合は外的要因もあり、緊張感を持って見ている」と繰り返した。

 その上で為替介入について「やるとか、やらないとか現時点で言うことは控えたい。ただ、(介入という)手段は私にはある」と語った。

 自民党と公明党の与党による国際金融危機対応プロジェクトチーム(PT)は18日、銀行等保有株式取得機構による買い取りを再開することで合意。政府保証の買い取り枠を20兆円に拡大する方向で調整している。

 この点について中川財務・金融相は「与党として具体案がとりまとめられたと聞いている。熱心で迅速な議論に感謝しており、これ自体、手段として持っておいていい」と与党の決定を歓迎した。

 また、麻生太郎首相が12日に発表した「生活防衛のための緊急対策」に基づいて日本政策投資銀行が18日、年内に市場からCPを購入する方針を明らかにしたが、買い取りを要請していた中川財務・金融相は「新たな業務について、こういう金融情勢の中で迅速に対応していただいた」と評価した。



FX初心者のみなさん、こんばんは、にしやんです。

円高が本当に激しいですね。。。汗;

ここまで円高が進行すると、貿易黒字で成り立っている日本経済は、

大きな影響を受けてしまいます。

最近話題になっている自動車メーカーの人員削減なんて、まさにその影響ですね。



よく、「最近のFX相場は、実態と乖離している」という見解を目にします。

私もこの見解には同感ですが、乖離しているからといって、

適正な価格に戻る材料がないのも事実です。
えぇ

過去データのローソク足チャートを眺めていると、

FX相場が大きく動く時は、必ず何か要因があることが分かります。

そうです、何かきっかけがないとFX相場は動かないのです。



じゃあ、もう手も足も出ないのかというと、それは違います。

「政府の介入」という手段があります。

介入の効果がどれくらい持続するのか分かりませんが、

円安へFX相場を動かす要因になることは間違いありません。

「今だ!」というタイミングで、政府にはお願いしたいものです。笑い。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

今週の結果(2008/12/18)

FXシステムトレード初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

昨日は忙しくて、FXのポジションを確認することができなかったんですが、

今朝確認したら、損切りに引っかかってました。。。がっくり

昨日の夜の大幅な下げおちこみにやられてしまいましたね。



では、今週の結果はこちら絵文字名を入力してくださいです。


損益 -¥27,861

公開後のトータル損益 ¥99,187



月曜日はそれなりに上げたので、

このままいけるかBrilliantと思ったんですが、

火曜日、水曜日と立て続けに下がってくれました。汗;


公開後のトータル損益も6桁を切ってしまった出費ので、

今年最後のトレードとなる来週、是非挽回したいところですね。

(29日の週は、事情によりにしやんはポジションを持てませんが、
 Excel(エクセル)のFXトレードシステムの売買サインはお知らせしますね。)

FXって難しいなぁと、改めて感じる12月です。汗;



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  

FRB(連邦準備制度理事会)とは、米国の中央銀行

FXシステムトレード初心者のみなさん、こんばんは、にしやんです。

昨晩、FRBの大幅利下げが発表されたと、

今朝の記事で紹介しました。


が、この「FRB」って何なのか、説明していませんでしたね。汗;

ということで、今回は「FRB」について説明しますね。笑い。



「FRB」とは、米連邦準備制度理事会のことで、

「Board of Governors of the Federal Reserve System

(またはThe Federal Reserve Board)」の略称です。


「FRB」は、1913年の連邦準備法(Federal Reserve Act)によって設立された

米国の中央銀行制度の最高意思決定機関であるとともに、中央銀行そのものなんです。

連邦準備制度理事会は、 議長1名、副議長1名を含む7名の理事で構成されています。
(よく耳にする「バーナンキ議長」は、この理事会の議長です)

また、連邦準備制度理事会の下には、12の地区連邦準備銀行(地区連銀)が置かれ、

実際の中央銀行業務を行っています。

具体的には、以下の銀行です。

  ・ニューヨーク連銀
  ・アトランタ連銀
  ・ボストン連銀
  ・シカゴ連銀
  ・クリーブランド連銀
  ・ダラス連銀
  ・カンザス連銀
  ・ミネアポリス連銀
  ・フィラデルフィア連銀
  ・リッチモンド連銀
  ・サンフランシスコ連銀
  ・セント・ルイス連銀



日本とはだいぶ異なった構造ですね。

まぁ、米国はあれだけ国土が広いですから、

中央銀行の1行のみで国内全ての面倒を見るのは困難かもしれませんね。汗;

FXのトレードを行っていると、

「FRB」という名前は必ず耳にしたり目にします。


米ドルの金利を決める機関ですから、そりゃ露出は多くなるでしょうね。汗とか



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  
  • コメント : 3
  • トラックバック : 0

FRBの大幅利下げ受け、ドル急落

Yahoo!ファイナンス株式ニュースより引用  2008年 12月 17日 06:49

 [ニューヨーク 16日 ロイター] 16日のニューヨーク外為市場では、米連邦準

備理事会(FRB)が予想以上の大幅な利下げに踏み切ったことを受け、ドルが対ユーロ

と対円で急落した。

 FRBは、フェデラルファンド(FF)金利の誘導目標を従来の1.0%から0─

0.25%に引き下げるとともに、リセッション(景気後退)に対応するため「利用可能

なあらゆる手段」を講じると表明した。

 市場予想は、最大でも0.75%の利下げだった。

 テンパス・コンサルティングの為替トレーダー、マット・エスティーブ氏は「予想以上

の利下げを受け、ドルがすべての主要通貨に対して売られた」と指摘。

 「まず米国は実質的にゼロ金利となった。さらにFRBはリセッションを回避するた

め、あらゆる手段を講じる姿勢を示した」と述べた。

 ニューヨーク市場終盤のユーロ/ドルは約3.0%上昇の1ユーロ=

1.4099ドルと、2カ月半ぶりの高値。一時は1.4144ドルまで上昇した。

 ドル/スイスフランは、95年以来最大の下げを記録。3.2%安の1ドル=

1.1205スイスフランとなっている。

 ドル/円は1.6%安の1ドル=89.06円。13年ぶりの安値に迫ってお

り、介入警戒感が強まっている。 



FX初心者のみなさん、おはようございます。

普段は朝にFX関連ニュースをお知らせすることはないんですが、

米の政策金利が異例の事態になっていますので、お知らせしますね。



今回のFRBの大幅利下げにより、

米国は日本と同じゼロ金利になります。


多くのFX投資家がポジションを持っているであろう米ドルのスワップが、

事実上なくなったことを意味します。出費

もっと言えば、外貨預金よりもFXが優れていた点が、1つなくなってしまったということです。汗とか



米国内のお金の流動性を向上させるためとはいえ、

大方の予想を上回る利下げ幅でしたが、

それくらいFRBは金融危機からの復活に本気なんだと思います。

と同時に、米国の経済がそれくらい落ち込んでいるということですよね。。。がっくり



いずれにせよ、本日以降のFX市場にどのような影響をもたらすのか、

注意して見守る必要がありそうです。

今週のにしやんのポジションもどうなるか、読めなくなってきました。汗;



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  

スイス政府が'09年はマイナス成長を予想

Yahoo!ファイナンス株式ニュースより引用  2008年 12月 16日 21:16

 [ベルン 16日 ロイター] スイス経済省経済管理局(SECO)は16日、2009年の国内総生産(GDP)伸び率がマイナス0.8%と、2008年の見込みである約1.9%から大幅に悪化し、1991年以来最悪の景気後退に向かうとの見通しを示した。

 9月時点の予想はプラス1.3%だった。

 2010年については、プラス1.0%に回復すると予想している。

 SECOが今回示した予想は、スイス中銀とほぼ一致している。スイス中銀は2009年を0.5─1.0%のマイナス成長と予想している。

 SECOは、2009年のインフレ率(平均)予想を0.7%、2010年は0.8%とした。失業率は今年の見込みである2.5%に対し、2009年は平均3.3%、2010年には4.3%に上昇すると予想している。

 ロイトハルト経済相は16日、約6億5000万スイスフラン(5億6230万ドル)規模の第2次経済対策を発表。スイスにとって世界経済の動向がかぎとなると指摘した。

 同相は記者会見で「2009年は0.8%のマイナス成長になり深刻な状況になる」と述べた。

 約9億スイスフランの景気対策に追加される第2次対策は、2009年半ばからのインフラ投資が柱。

 ロイトハルト経済相はスイス中銀が利下げによって危機対応に協力していると指摘した。



FX初心者のみなさん、こんばんは、にしやんです。

スイスも2009年はマイナス成長となる見通しのようです。

失業率も4%台に乗るという予測ですので、厳しいものがあります。。。汗とか

そういえば、日本の予測って発表されていたでしょうか?

私は見た覚えがないのですが、知っている方は是非にしやんに教えて下さい!



第2次経済対策を発表ということですから、かなり動きが早いですね。

ところで、日本は何をしているのでしょうか?

と、ここでいつもの日本批判を始めようと思いましたが、

冷静に考えてみると、

これは、今回の金融危機によるダメージが、

日本はそこまで深刻ではないということの裏返し

なのかもしれませんね。
笑い。

深刻ではないにしても、ダメージを受けたのは事実です。

決して安心せず、自己の資産は守るようにしたいですね。

もちろん、Excel(エクセル)のFXトレードシステムを使って。笑い。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  

4本値から利益を算出しよう おまけ編

FXシステムトレード初心者のみなさん、おはようございます、にしやんです。

昨日で4本値から利益を算出する計算式の入力は終わりましたが、

次回からの作業の準備ということで、おまけがあります。汗;
(すいません、段取り悪くて。。。)

そんなに難しくはないので、今回の作業もささっとやっておいて下さいね。笑い。



6.シート名を変更します。



計算式の入力、お疲れ様でした。

最後に、次回からの作業に備えて、この「4本値」シートの名前を変更しておきましょう。

アップ図のように、シート名は「Sheet1」になっていると思います。

その「Sheet1」をマウスでダブルクリックして下さい。

すると・・・





アップ図のように、シート名の「Sheet1」が反転表示されます。

そのまま、「4本値」と入力しましょう。



アップ図のように、シート名が「4本値」に変われば成功です。



今回の作業は、次回からの作業を進めて行く上で重要です。

Excel(エクセル)は色んなことが出来ますが、制約も結構多いことで有名です。

その辺りも追々、説明していければなぁと思っています。

が、まずはExcel(エクセル)のFXトレードツールを作ってしまいましょう!笑い。



ブログランキング低迷中です。。。がっくり
ホントに最近下がりっぱなしですので、ぜひ皆様の温かい応援を!!
ココダウンをクリックして応援お願いします!
  

Appendix

カテゴリ

人気ブログランキング

FXお役立ちリンク集

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。