Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -

裁量トレードで使用する判断材料

FX初心者にとって、裁量トレードがどれだけ難しいか分かっていただけたでしょうか?

ここでは、参考までに裁量トレードを行う場合に使用する判断材料について説明します。

裁量トレードにおいて、あなたが判断する際に使用する情報は、

  ・各種テクニカル分析の結果
  ・各国のファンダメンタル指標

の2種類です。



各種テクニカル分析は、過去の4本値の値動きを基にチャート化された結果を使用します。

MACDやボリンジャーバンド、移動平均線など、実に様々な種類があります。

それぞれ、得意・不得意な点がありますので、

その特性を十分把握した上で、あなたの判断材料にする必要があります。



各国のファンダメンタル指標は、各国から発表される経済指標の数値を使用します。

これはテクニカル分析と異なり、チャートを見てどうのこうのということはありません。

前回発表された数値とどう変化しているか、他の指標との関係性など、

経済にある程度詳しくないと、何のことかさっぱり分からないと思います。



「為替取引するのだから、各国の経済事情を把握するのは大事だ。」

と言われる方もいますが、それはその通りだと思います。

しかし、現役サラリーマンのFX初心者には敷居が高いのは事実です。

ゆっくりでいいですので、ファンダメンタル指標の意味を理解できるよう、

少しづつ勉強して欲しいのが私の本値です。



少しでも早くFXで稼ぎたいというのが、FX初心者のあなたの本音だと思いますので、

私は敢えて、裁量トレードではなくシステムトレードを勧めています。

その理由がお分かりいただけたでしょうか?

裁量トレードで確実に稼ぐのは、本当に難しいことなのです。
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

裁量トレードとは?

ここではシステムトレードの話をしていますが、

「じゃ、システムトレードじゃないトレード方法って何?」

という疑問を、あなたは感じているかもしれませんね。



世の中のトレード方法には、次の2種類しかありませn。

  ・システムトレード
  ・裁量トレード

何度も書いていますが、

システムトレードは「ある一定のルールに従って淡々とトレード(売買)する」

というトレード方法です。

システムトレードにおいて、あなた自身の考えや判断が必要な場面は一切ありません。



一方、裁量トレードは、あなた自身が全てを判断する必要があります。

具体的には、

  ・売買する通貨ペアを決める
  ・どのタイミングで売買するか決める
  ・レバレッジを何倍にするか決める
  ・何枚売買するか決める
  ・リミット(利益確定)やストップ(損切り)をどこに設定するか決める

などなど、これらを全てあなたが判断して決めなければなりません。

FX初心者だろうが上級者だろうが関係ありません。

非常に高度な判断が求められます。
  • コメント : 0
  • トラックバック : 0

Appendix

カテゴリ

人気ブログランキング

FXお役立ちリンク集

このブログをリンクに追加する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。